良い世界に住めるのは、良い人だけです

ジャンル分けできないほど、根本的なことを考えて行きます。今までに無い、新しい世界になると思います。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事摂取基準 クロム (その5)

最初に「クロム 摂取」で検索したとき、出てきたコメントは、クロムは通常十分摂取されており、不足を心配する必要は無い、と言うものだった。私は、そうなのかと思い、それ以上調べなかった。と言うのも、栄養分と言うのは、食材以外で、摂取されている場合もあるからだ、水とか、食器から流出するものとかである。
しかし、しばらくして、どうしても納得が行かす、再度調べた。水道水にクロムが含まれていると言う情報も無く、食器からの摂取という話も無いからだ。そして、再度調べて見ると、まったく逆のコメントがあった。クロムは土壌からどんどん減ってきており、それに伴って、食品の含有率も減ってきて、食品から摂取できるクロムは少なくなってきていると言うものだ。私としては、自分が調べた食品成分表の結果と照らし合わせて、こちらのほうが正しいと判断することにした。
しかし、どうして、相反する情報が、混在するのだろう。そして、どちらかと言うと、前のほうに出てきたコメントのほうが先に出てくる。それは、昔からある情報のほうが、新しい情報よりも、多いからだ。巷に有る情報と言うのは、ネット上にしても、雑誌や書籍にしても、発表されたのが新しいからと言って、情報が新しいとは限らない。ほとんどの情報は、どこかから仕入れた情報の転記であり、その為、本当は古い情報なのに新しいように見えてしまうことがよくある。私は、最初に、それに引っかかってしまったのである。
それはそれとして、私は考える。人間は自然な食事から、栄養分を摂取することはすでに出来なくなっていたのだ。(私はこれまで、もう少し遠い将来のことと思っていた。)
一般的には、栄養バランスの悪い食事をしているのは個人の責任のように思われている。「もっと栄養バランスを考えて食べなさい。」とか。しかし、それは、本当にそうなのだろうか?その言葉の中には、栄養バランスを考えて食事をしていれば、栄養分が不足することは無い。と言う意味が含まれている。しかし、現実にはそうなってはいない。と言う事を、知識人たちは、なぜはっきり示そうとはしないのだろうか?その理由はなんだろうか?
人間がクロムを必要とする体なのは、クロムが昔、十分摂取できたから、それを利用できる体になったのだ。亜鉛や鉄も同じである。クロムや亜鉛や、鉄の存在を知らないずっと大昔に、それとは知らずに、十分摂取していたから、そういう機能を持つ体に進化したのだ。だとすれば、それを普通に摂取できなくなっている人間以外の何かに原因は無いのだろうか?
と言うことで、この項は、終わりにします。
・・(追加・・私の対策としては、結局1日10円程度のサプリメントを食べることにしました。「亜鉛、セレン、クロム」の入っているやつです。)


日記・雑談(その他) ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tobshow.blog.fc2.com/tb.php/74-7b0376ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

訪問ありがとう

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1955位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

tobshow

Author:tobshow
住んでいるところ:神奈川県
生年:195X
性別:男  特技:統計解析  好きなもの:女性

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (93)
余談 (3)
重要なこと (2)
始めに (4)
ブログ全体の事 (1)
良い世界の予測 (22)

 

検索フォーム

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。