良い世界に住めるのは、良い人だけです

ジャンル分けできないほど、根本的なことを考えて行きます。今までに無い、新しい世界になると思います。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソクラテス、プラトン、アリストテレス、ニーチェ(その1)

これらの人の事を知ったのは22歳の頃、成人学校で です。「ものの見方考え方」と言う講座でした。
講師は、自称(調べたわけではないのですが、多分本当だと思う)東大の教授だった人です。
私は、まず、この先生に感動しました。話す言葉や態度にとても自信を感じました。
しかし、決して威圧的ではなく、むしろ、温和な感じで、決してお金持ちという風でもありませんが、しかし、自信に満ちているのです。
年齢的にはたぶん70歳くらいだったのではないかと思いますが、私は、どうしたらこんな風な人になれるのだろうと思いました。私も、このような人になりたいとも思いました。
そして、この人の講義が、私の考え方の基礎を与えてくれたのです。

さて、ソクラテスの弟子はプラトンで、その弟子はアリストテレスです。
ニーチェはずっと後の人で、前の3人とは直接は関係ありません。
プラトンは、自身の本の中で、ソクラテスを主人公に話を進めていく形をとっています。
ソクラテス自身は本を書いたりしていません。
プラトンの書いた物を通して知ることが出来ている訳です。
プラトンは、初め、ソクラテスの思想を残そうとして本を書いたのかもしれませんが、次第に自分の思想を、ソクラテスを主人公にして書くようになっていったようです。
ソクラテスの思想を端的に表す言葉が、「無知の知」、プラトンの思想を表す言葉が、「究極の真理」、アリストテレスは「中庸」、ニーチェは「超人」であると教わりました。
私が特に気に入ったのは、プラトンの「究極の真理」です。
私が求めていたものはこれだ!と、思ったのです。
それまでの私は、考えることは好きでしたが、いつも堂々巡り、あるいは結論を出せず、自信のない状態が続いていました。
しかし、この講座を境に、いろいろな事を、かなり自信を持って考えられるようになりました。


学問・科学(全般) ブログランキングへ

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tobshow.blog.fc2.com/tb.php/63-207acf9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

訪問ありがとう

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1955位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

tobshow

Author:tobshow
住んでいるところ:神奈川県
生年:195X
性別:男  特技:統計解析  好きなもの:女性

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (93)
余談 (3)
重要なこと (2)
始めに (4)
ブログ全体の事 (1)
良い世界の予測 (22)

 

検索フォーム

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。