良い世界に住めるのは、良い人だけです

ジャンル分けできないほど、根本的なことを考えて行きます。今までに無い、新しい世界になると思います。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だらしなさについて(その6)

ちょっと横道に逸れるような話だが。
仕事を沢山して生きている人がいる。一方、仕事を何もしないで、しかし、何とか生きている人たちもいる。仕事をしなくても、生きている人たちがいる、と言うことに注目してもらいたい。
さて、人が生きていくためには、常に物質を生産する必要がある。食料や、その他の生活に必要なものだ。
それらは今、ある限られた人たちが作っている。みんなが生産する必要は無い。何故なら生産能力が十分あるからだ。人々が生活するのに必要な物質は、実は十分に足りている。それは、人々は、少なくとも、生きてはいる、ということで証明される。
しかし、もし、今働いていない人たちも、協力して作ったら、どうなるだろうか?それぞれの人たちの労働時間は、かなり少なくなる。つまり、みんなが、楽できるようになるのだ。しかし、それは出来ない。何故なら、いま、働いている人たちが、自分の仕事を分担させようとは、しないからだ。なぜそうなるのか?そこには恐怖が存在するからである。(この恐怖については、改めて、ひとつの項目として、いづれ書いてみたいと思う。)
人は、恐怖を持っているから、働けるだけ働こうとする。恐怖の強い人は、それだけ、より多く働こうとする。(働くとは、必ずしも、お金儲けのことだけを言っているわけではない。)より多くの物質を自分の物にして、周りに置こうとする。こういう人は、自分が働く場を取られるのが許せない。労働を分かち合うことができないのだ。その為、労働環境不足、という事が起きる。そして、どう言うことが起きるかと言うと、労働を無理やり作ることになる。今、多くの人は、サービス産業で、労働している。これらの多くは、本来、必要の無いものだ。根本に戻って考えて欲しい。人が人にサービスをする、とは、人が人に親切にする事と変わりがない。それは、本来、経済活動なのだろうか?今、無理やり経済活動にしているのである。その理由は、労働する場が無いからだ。また、経済活動にすることにより、金銭が動き、それによって、得するものがいるからだ。
金銭が動くことによって、得するものとは、金融業と、政府(税金が入る)である。政府は、盛んに産業の活性化、増大を唱える。何のことは無い、税金をより多く欲しいだけだ。産業の増大=人々の幸せ、では無いことには、目をつぶっている。


日記・雑談(その他) ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tobshow.blog.fc2.com/tb.php/101-6b9c656e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

訪問ありがとう

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1955位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

tobshow

Author:tobshow
住んでいるところ:神奈川県
生年:195X
性別:男  特技:統計解析  好きなもの:女性

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (93)
余談 (3)
重要なこと (2)
始めに (4)
ブログ全体の事 (1)
良い世界の予測 (22)

 

検索フォーム

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。