良い世界に住めるのは、良い人だけです

ジャンル分けできないほど、根本的なことを考えて行きます。今までに無い、新しい世界になると思います。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余談 少女時代 は、いいね!

グループアイドルがたくさん乱立して、この年だからほとんど興味は無いのだけれども、その中でも、AKB48は確かに皆が騒ぐのが分かるような気がします。
しかし、私は、やっぱり少女時代ですね。
そして、少女時代は、やっぱりビデオで見ないと!と、思うのですが、ここからが、私の愚痴と言うか、不満と言うか、いつもの私の本領発揮です。
私が、少女時代がいいと思うようになったきっかけは、テレビでたまたま見た時に、ダンスで見せる足の動きが、とても魅力的だったからです。
正直初めの頃は、歌はあまり関心がありませんでした。(今では、歌もいいと思うようになりました。)
曲名も覚えていなくて、そこで、あの曲は何だったのだろう、と、DVDを探して買いました。
そして、実際に鑑賞して、なんだこのビデオは、と思ってしまったのです。
少女時代というキャラクターは、改めて見て、確かに、間違いなくいいと思いました。
しかし、このビデオの編集は、何なのだろう。1秒間に何コマもつぎはぎしています。衣装も変われば、髪形も違えば、メイクまで違うものを、一秒間に何度も何度も切り替えているのです。
(これが、韓国の芸能界の流儀なのだろうか?)私は、他のグループでわざわざ確かめる気にはならないので、この疑問を確かめることはしていないのですが、そこで、改めて、テレビなどで、日本のグループのダンスの場面などに注意して見るようになったのですが、確かにカメラをこまめに切り替えるなどはしていますが、少女時代のビデオのような、極端なコマ撮りのつぎはぎはしていません。
これでは、せっかくの良い素材を台無しにしている、と、私は思いました。
と言う訳で、この撮り方を変えない限り、私は、少女時代のビデオはもう買えない、と結論付けた訳です。

ところが、しばらくして、レコード屋さん(今の時代は何で呼べばいいのだろう?)で、少女時代のブルーレイディスクが売られているのを見つけました。
(価格1万円超!!)ブルーレイかぁ、見たいけど、また、あのコマ切れ映像じゃぁな~、と、一応曲目だけでもと眺めて見ると、(ダンスバージョン??何だこれは!!)もしかしたら、ダンスをじっくり見せてくれるのかもしれない、と、急に期待が膨らんでしまった訳です。
衝動買いはさすがに自粛しましたが、その何週間か後には、ブルーレイディスク、プレイヤー、専用のディスプレイまでそろえていました。(デジタルディスプレイで無いと、ブルーレイが再生できないことを初めて知りました。その時までは、アナログディスプレイしか使っていなかったのです。)

で、早速鑑賞した訳ですが、いやぁ、ブルーレイは確かにいいですね。少女時代の魅力的な御足が滑らかに踊っているのが良く分かります。しかも、生足だったのですね、なんとも言えません。
と言うわけで、すっかり堪能させていただいた訳ですが、ここからが私の、二度目の気づきです。
このディスクセットには、日本語バージョンを揃えたディスクと、韓国語、その他のバージョンを揃えたディスク、そして、インタビューのディスクが入っていた訳ですが、そこで、解かったことがあります。
1.日本語バージョンのビデオは、日本人スタッフが作っていたらしいこと。韓国語バージョンは、当然韓国人が作っていると思います。
2.日本語バージョンは、韓国語バージョンに比べて、シーンの切り替えが少ないこと(わずかではあるが、じっくり見せている。)
3.日本語のダンスバージョンは、ダンスをじっくり見せているが、韓国語バージョンでは、相変わらず、衣装やシーンの切り替えが多いこと。

さて、ちょっとだけ、私の、ビデオ撮影に対する心構えを披露すると、「見ている側にカメラマンの存在を意識させるような撮り方は、カメラマンとして失格である」
つまり、主人公は被写体なのに、いかにも、これを映しているのは俺なんだよ!と言わんばかりに盛んにズームを繰り返したり、カメラをあちこちに移動させたりする撮り方は、肝心の被写体の良さを殺してしまうので良くない、と言いたい訳ですが、(もちろんズームやカメラ移動がすべて良くないと言っているわけではなく、見ている側にわずらわしいと思わせるような撮り方が良くないと言っているわけです。)

こと、この韓国バージョンを作成した編集者と言うのは、失格カメラマンと同じように、少女時代という被写体に、(たとえはキムチのように)強烈な味付けをしないではいられない状態であると、思えるわけで、いかにも俺が編集したんだ、どうだ、凄いだろう、と主張しているように思われる訳です。(見ている側は、少女時代を見たい訳で、編集者の自己主張はわずらわしいだけだと思うのですが。)
しかし、これで、DVDなどが売れているのだとしたら、韓国人は(もしかしたら日本人も)このくらい刺激的にアレンジしないと喜べないのかも知れません。私が、変わっているのかなぁ??
刺身が好きな日本人と、キムチが好きな韓国人、さくらが好きな日本人とバラが好きな西洋人、の違いはどこにあるのか、なんて話も、その内に書いてみたいと思います。


日記・雑談(その他) ブログランキングへ
スポンサーサイト

余談 珍しく政治の話 未来の党、嘉田さんは期待できる人!

日本未来の党の代表は嘉田さんですが、
マスコミは、小沢一郎の傀儡だとか、あまり良くは
取り扱っていません。
しかし、私は、この人を数年前にテレビで知って、
あっ、すごい人だな、と、思ったことがあります。
それはなぜかと言うと、選ばれて知事になって、
さぁ、良いことをしようとしたときに、一人では結局
何も出来ない、と言うことを悟ったと言うのです。
そして、次に何をしたかというと、次の議員選挙で、
自分と考えを同じにするものたちで、グループを作って、
選挙を戦い、そして、大きな力を得て、そして、改革を
勧めることが出来た、と言うのです。
私は、嘉田さんは、考える力も、行動力もある人だと思います。
そして、これは、テレビを通して知ったことなので、
マスコミの中でも知られていることなのでは無いかと、
思うのですが、なぜ、マスコミは傀儡だとか、報道するので
しょうか?
私は、嘉田さんは、対等の立場で、代表を受けたと思っていますし、
ただのお飾りで終わる人でも無いと思っています。
また、ただの選挙目当てで公約を並べる人たちとも、
一線を画している人だと思っています。
握手して見たい!
ちなみにわたしは、二回ほど、首相になる前の人と
握手したことがあります。
二回目の人と握手した時、(えっ、この人で大丈夫なの?)
と直感してしまいました。つい最近の首相になった人の
話です。

追加
小沢一郎さんも年だし(ごめん)、意思を受け継ぐ人はいるのかなと
心配になっていたのですが。良い人に目をつけました。
ホット一安心と言うところです。

余談 松本清張

松本清張という人は作家ですが、最近ドラマや映画で、
再びリメイクされるようになっています。
私も、過去に、多くの作品を読んだのですが、(全集を
読破しようとおもったのですが、)ある時期から、パタリと
読まなくなってしまいました。
彼の作品は、社会の問題を鋭く抉る作品として、評価を受けた
訳ですが、私は、次第にその作品に不満を持つようになりました。
というのも、問題をさらけ出すだけで、解決策を少しも提示しようと
しないからです。問題を明らかにすることだって、難しいし、
重要なことですが、しかし、解決策を提示し、そして、それが、
未来を確実に変える(解決策が、正しく未来を予測している)
物で無ければ意味がないと考えるようになったからです。

 | ホーム | 

FC2Ad

 

訪問ありがとう

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
2254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1955位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

tobshow

Author:tobshow
住んでいるところ:神奈川県
生年:195X
性別:男  特技:統計解析  好きなもの:女性

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (93)
余談 (3)
重要なこと (2)
始めに (4)
ブログ全体の事 (1)
良い世界の予測 (22)

 

検索フォーム

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。